ブランド品があれば買取の店に持って行こう

###Site Name###

5年ほど前から断捨離という言葉が流行り始めました。
断捨離とは不要なものが入ってくるのを断つ、不要なものを捨てる、不要なものから離れる、という風に自分に必要でないものを処分しシンプルに生きることです。


この言葉が流行り始めた当時のわたしにとって断捨離という言葉こそ初耳ではありましたが、自分の人生や生活を振り返ってみれば断捨離と呼ばれる言葉をずっと実践していたと思いました。

たとえば、あまり1~2年ほど全く着なかった服があれば処分していましたし、結婚してから全く使っていない食器も処分していました。

何か一つ新しいものを買えば、同じもので古いものを処分したりなどしていました。

どうしてそのようにしていたかというと、わたしたち夫婦が結婚当初住んでいたマンションは1LDKでとても狭く、また収納場所がなかったことがきっかけだったように思います。


環境に迫られて不必要なものは早急に処分するしかなかったのです。

それで自然に断捨離が身についていたわたしは引越しをする時に大変楽に引っ越すことができました。


同じところに長く住んでいると気づかないうちに不必要なものがたまっていくのです。


しかし、こまめに不必要なものを処分していたおかげで引越しだからといって改めて処分しなければならないということがなかったのです。ただ、結婚披露宴の引き出物でいただいたブランド品の食器などがそっくりそのまま新しいままで残っていました。

ブランド品でとても高価でよい品だからこそなかなか処分できなかったのです。

それをブランド品買取のお店に持っていくことにしました。

初めて買取のお店に行くので本当に買取ってくれるか不安でした。

わたしたち夫婦としてはたとえ買取ってもらえなかったとしてももらってもらえたら十分という気持ちで出かけたのです。

そのブランド品はティファニーのワイングラスでした。

せっかくのブランド品でしたが、わたしたち夫婦はワインを飲まないので本当に必要な人に使ってもらいたいと思ったのです。

そして買取受付で査定してもらう時ドキドキしました。


すると、おそらく5000円相当のブランド品が500円で買取ってもらえることになりました。

値段はかなり下がってはいるけれど、買取ってもらえたというだけで万々歳でした。

ブランド品で新品であればこのようなリサイクルショップが買取ってくれることがわかり、これからも何かあれば利用しようと思いました。


https://twitter.com/urarifu/status/48661752153505792
http://gigazine.net/news/20100601_unique_bottle_opener/
http://www.meiji.ac.jp/wsys/facilities/campus/copy.html

渋谷の2次会の情報がいっぱい詰まったサイトです。

安心、信頼のひな菓子の知識を増やしてみませんか。

中洲川端のひつまぶしの情報を掲載しています。

今話題の名古屋のホテルランチの最新情報をお伝えします。

よりシンプルさを追求した渋谷のカラオケについて真剣に考えてみました。